食費の節約が超苦手な私が節約したもの|レジャーも美容費も被服費も我慢の必要ありません

6 min
食費の節約が超苦手な私が節約したもの|レジャーも美容費も被服費も我慢の必要ありません

夫がクビや解雇になると、真っ先に頭に思い浮かぶのがお金の事ですよね。お金の事が心配になるあまり、食費やレジャー費を真っ先に削りがち。ですが、大黒柱が職を失うという一大事には心の栄養が絶対に必要です。節約が超苦手な私が節約したものを紹介します。

お金のことで不安になると、真っ先にやってしまいがちなのが間違った節約です。

でもその節約は本当に真っ先に削らないといけないモノでしょうか。

そりゃもちろん無駄は省いた方がいいけれど、美味しいモノを食べるのって自覚がなくても人生のガス抜きになっているものだし、

節約のために暮らしがギスギスしてしまうのは本末転倒ですよね。

私が夫が懲戒解雇された時、怒り狂わず夫を責めずに冷静でいられた理由の1つが、保険です。

我が家は3年に1度程度、節目節目で保険の見直しをしているので、少なくとも固定費の無駄がなく、将来への備えがある状態なのです。

な~んだ、保険の見直しか~、

うちには無縁な話だ…

そう思った奥さん、どうか最後までお付き合いください。

私もかつては「いやそもそも保険料なんて払う余裕ないし保険なんてムダムダ!」と考えていた人なのです。

check保険見直しの会社の選び方を確認する

筆者:ひがしむき

外資系商社に勤務する夫が懲戒解雇された経験を持つ主婦。ハロワで職探しをして徐々に落胆していく夫に、転職エージェントに頼るよう何度もアドバイスをし、年収アップでの再就職へ導いた経験があります。(その後も夫はキャリアアップ転職をし、さらに年収アップしています)

ちょっと待って、本当にその年収でいいの?

ミイダス市場価値診断を使って夫が自信を取り戻した話
安売りさせないために本当の市場価値を調べてみました

ちょっと待って、本当にその年収でいいの?

ミイダス市場価値診断を使って
夫が自信を取り戻した話
安売りさせないために本当の市場価値を調べてみました

食費やレジャー費だけが
節約ではありません◎

もしも食費を削る場合、月にいくら節約できるでしょう。

激安食材を購入して工夫をこらし時間をかけて料理すれば、

私のつかの間の息抜きのチョコレートを買わなければ、

野菜が一気に消費する鍋をしなければ、

もしかしたら月数千円は節約できるのかも知れません。もちろん、節約が好き、工夫が好きという方もいるでしょう。でも私は節約が好きではありません。

そして、節約優先の生活では、私の心が死んでしまいます…

それを実感したのは、まだ息子が抱っこ紐に入っているほど小さかったころ。

当時は本当に金銭的に余裕がなく、食費をかなり節約していました。

ある日スーパーに買い物に行った時、「あれもムダ」「これもムダ」と、気付けば自分が必要とするものすべて無駄遣いに感じてしまって、レジかごの中には夫のものか息子のものだけしか入っていませんでした。

すると楽しみがなくなり、

次第に食べる意欲もなくなって、

いつもボーっとしてフラフラ無気力になってしまったんです。

どれだけ食べる事が楽しみだったんだよって話なんですけど、

でも出かけるのもままならない状態の時の楽しみって食ぐらいしかなかったんですね。

そんな状況の中、無理に食費を節約し続けていたら、私はきっと夫の解雇という難題が立ちはだかった時、立ち向かう気力もなかったでしょうね。

食費だけではありません。

レジャー費だって真っ先に削ってしまいがちですよね。

でも子どもが親と一緒に旅行やお出かけしてくれる時間は、親が思っている以上に短いです。

もちろんその子によって違いはありますけど、親と出掛けるよりもお友だちと遊ぶ方が楽しい、そんな日が絶対に来ますよね。

子が成人して、再び親と一緒に旅行を楽しんだり、

子が子どもを授かり、三世代でお出掛けする、そんな時が来るかもしれないけど、

我が家は多分、そうなる頃には私たち高齢親はお出掛けどころじゃなくなっているでしょう。

だから子どもとのレジャーを楽しめるのは今だけなんです。

もしもレジャー費を節約すれば、年間何万円というお金が節約できます。

でも子どもと同じ景色を観るという経験と、帰り道ぐっすり眠った子どもの顔はそれこそプライスレス。これがあるからこそ頑張れるという方も多いのでは。

実際に、夫が解雇されて1週間ほど経った頃から、

我が家は「パパの遅い夏休み」という体で、あちこちレジャーに出かけました。

当時の状況は別記事に書いているんですけども、あの時、食費やレジャー費を無理に節約せずに余暇を楽しんだことが、

大黒柱の解雇という緊急事態に立ち向かうための糧になったと感じます。

なので我が家は食費やレジャー費の節約ではなく、保険の見直しでその時の我が家に最適な保障を選択する事で、無駄な保険料を節約するという方法を選んでいるのです!

保険見直しが節約になる理由

保険見直しが節約になる理由は、

  1. 無駄な保険がわかる。
  2. ライフステージに合わせた備えができる。
  3. そもそも金額が大きい。

この3つ。

私自身は結婚をして慌てて保険に加入したような人間なので、最初に加入した保険が本当に(今思えば)ムダばかりでした。

夫が加入していた保険会社の営業の方に来ていただいて、とにかく私の保障を増やして!と希望したのですが…

無知だった私は、保険会社の方の提案を素直に受けて保険に加入したんです。

保険会社の人は「妻である私の保障を厚く」という希望を聞いただけなので間違ってはいないんですよ?

でも気付けば、一家の大黒柱である夫の保障より、専業主婦だった私の保障の方が厚くなっていたんです…。

ある日ふとその事に気付いて、保険見直しをお願いしたんですね。

フィナンシャルプランナーさんに来てもらって(最初は強引に保険を勧められるんじゃないかって超疑ってましたけどw)、

無駄な保険・解約しない方がいい保険を、我が家が加入している保険の中から教えてもらったんです。

見直しの結果、私の保障は最小限に。

無駄な保険を解約して(これも解約した方が長期的に見て得か、残しておいた方が得かアドバイスしてくれます)、保険掛け金の大幅な節約になりました◎

浮いた掛け金はそのまま節約した状態でも良かったんですけど、

私は手に職もない専業主婦なのと、子どもがまだまだ小さかった事もあり、浮いたお金で夫の保障を厚くしてもらったんです。

最初の見直しから数年後にふたたび保険見直しをお願いした時は、私が働いていて家計に少しゆとりがあったので、夫の保障と私の保障を少しずつ変えて、夫が働けなくなった時の保障を厚くしたんです。

多くの人は、医療保険にしろ生命保険にしろ、入ったら入りっぱなしなんですね。

でもそれって本当はものすごくもったいない事なんです。

保険は次々と良い商品が出ていて、同じ掛け金でもカバーできる範囲が違ったり、今までと同じ保障内容でも保険料が安くなるケースが多いんです。

なので、適宜、見直しをした方が得なんですよ。

それに…

小さな金額の食費を節約するよりも、保険の掛け金を見直して最適化しておく方が、金額自体も大きいし、

毎日お買い物と献立で悩む必要もなく、好きな事をできないストレスもありませんからね!

そして過去の私のように「保険に入る余裕なんてないし、保険の掛け金を払うこと自体を節約すればいいじゃん」という方法はと言うと…

保険に入らずともしっかりと貯蓄が出来ているならそれでもいいと思います◎

でも備えをせずに、いざという時に借金をしなくてはならない状況になるのなら、少しずつでも備えておく方がトータルで見て節約になる事は間違いないですね。

check保険見直しの会社の選び方を確認する

保険見直し=保険加入
ではないんです

ちなみに、保険の見直しっていうと、どういうイメージでしょう。

以前の私は、

  • 保険見直しをお願いしたら新しい保険を勧められる
  • 新しい保険に加入しないとならない雰囲気になる
  • 断りづらいかも知れない
  • そもそも加入する前提で相談するもの

というイメージを持っていました。

でも実際は違います。

プロのプランナーはそもそもしつこい営業をかけてくる事はまずありません

プランナーがこちらの希望を聞き、必要な保障だけでなく不要な保障・重複している保障などをアドバイスしてくれるだけ。

例えば我が家は、保険の掛け金は月に〇万円まで、と伝えた上で相談をするんですけど、

その時その時で、同じ掛け金〇万円で最大限、我が家が必要な保障内容に近づくように、プランナーさんが複数の保険会社の商品の中から細かくピックアップをして、我が家に最適なパターンを組み合わせてくれるんですね。

ここが保険会社に相談するのと大きく違う点です。

でも、私と夫が納得できないモノには加入しません

保険見直し=保険加入ではないんです。

断ってもしつこく加入を迫ってくる事はないし、納得ができたものがあれば加入すれば良いんです。

保険見直しは保障内容の見直しだけでなく、「保険の掛け金を節約したい」という相談もできます

食費の節約は毎日買い物のたびに頭を悩ませ、献立に頭を悩ませてボリュームアップしたりしなくてはならず、手間と時間がかかる割に、

結果、数千円しか節約できなかった…なんていう事がありますよね。(というか私がそのタイプなんです…)

加入している保険にもよりますけど、保険の掛け金の節約をするのなら、プランナーさんに丸投げして、納得できる保険に乗り換えるだけで、毎月数千円~の節約になる事も。

保険は次々と良い商品が出ているので、昔加入した保険より手広い保障で掛け金が抑えられるケースもありますよ◎

保険見直しの会社は
どこもそう変わりません

こんな事を言っては元も子もないんですけど、保険相談はどこもそう差はありません

なので、どこに相談をしようか…と悩んで知らず知らずのうちに時間が経ってしまうより、まずは相談を申し込んでみる事がポイント。

こちらがやる気満々でも、繁忙期はプランナーがスケジュール過密で割り当てられない!というケースもあるんです(我が家は1回ありました)。

今の時代なら、

  • 無料で何度でも相談できて
  • 経験だけでなく人柄も重視
  • ウェブ面談の対応可

という条件にマッチする保険見直し会社を選ぶ事をおすすめします。

まだあまり知られていない会社なんですが、【ほけんガーデン】はライフプランニングを推奨している会社。

申し込んでから何日も待たされることが多い保険見直しの中で、1営業日以内に連絡をくれる点も心強いですね。

保険は、様々な保険会社と、保険の種類や商品によって保障内容がさまざま。

1社の商品では解決できないことも、10社以上と提携しているほけんガーデンなら、複数の保険会社の商品を組み合わせることで、より細やかな希望を叶えてくれるから、

保険の事を何も知らないという方でも安心です。

しかも無料で何度でも相談できるので、利用しないのは損ですね。

きっと心強い味方になってくれるはずです。

\今すぐ保険料を節約/

ほけんガーデンで今すぐ保険料を見直し

知育グッズ・ベビーフードプレゼントはこちらから

家族の非常事態だからこそ
目先に捉われないで

夫が懲戒解雇、つまり会社をクビになるという体験は、はっきり言って専業主婦だった私にとって死活問題でした。

でも、家族の非常事態に一番大切なのは、冷静な判断少し視点を変えて物事を見ることだと断言できます。

人生って上手くいっている時より上手くいかない事の方が圧倒的に多いですよね。

でもそんな時に目先の事に捉われていると、悪循環にはまってしまうことがあります。

夫が無職になって、これから住宅ローンをどうしろというの!生活をどうしろというの!と発狂しそうになる気持ちも私には十分に理解できます。

パートに出て夫を支えれば?

それも正論です。

でも、今まで子育てに専念してきた専業主婦だった私が、何の資格もない私が、子どもがまだ手が離れていないあの段階ですぐにパートに出る事は難しかったなぁと今も思うんです。

過去には戻れません。

でも1年後の暮らしは変えられます

今すべきことは、誰かを責める事でも、自分を責める事でもありません。

冷静な行動こそが、1年後の暮らしを変えるスタート地点なのです。

間違った節約で自分を苦しめないように、まずは大きく節約できる保険の見直しをして下さいね。

\今すぐ無駄を見直そう/

利用無料・強引な勧誘ありません

ひがしむき

ひがしむき

スピード婚でデキ婚、勢いで結婚したら夫が隠れモラハラで、挙句の果てには専業主婦時代に夫が解雇されてしまった主婦です。今ではモラハラも改善され、夫はキャリアアップ転職済み、割とうまくやってます。

モラハラの対処法・夫が解雇された時に私がした事など、夫婦にまつわる体験談をまとめています。

カテゴリー:
タグ:
関連記事