モラハラ夫の原因は妻ではなく育った家庭環境と親「モラ夫の意外な共通点」とは

夫のモラハラについて「何が原因なのだろう」と考える時、知らず知らずのうちに自分のせいだと感じている事はありませんか?

モラハラ夫は不機嫌になる原因を、さも妻であるあなたにあるかのように平然と言ってきますが、その言葉に惑わされてはダメ。

モラハラの原因は、夫が育った家庭環境にあります。

今回は私が経験した・見聞きしたモラハラ夫には、意外な共通点があります。

当記事はモラハラ夫の原因が何なのかを考察していきます。

目次

モラハラ夫は親・きょうだいに強いコンプレックスを抱いている

突き詰めていくと、モラハラ夫は親やきょうだい・家族に対して強いコンプレックスを抱いている事が多いです。

もちろんコンプレックスを抱いていてもモラハラ化しない人の方が圧倒的に多いです。

例えば私の知っているケースでは、

  • 父親の社会的地位が高く、兄も続いて社会的地位が高いのに、自分だけが劣っていると思っていた人が出世をしてモラハラ化した。

これは本人がコンプレックスの自覚を持っていて、ずっとモラハラの要素がなかったのに、出世と共にモラハラ化したケース。

自分が思い描いていた地位に近付く事が出来て裸の王様状態になってしまい、周囲を見返してやろうと間違った方法に向かってしまった。

他にも、

  • 「稼がざるもの食うべからず」という教育を小さな頃から強く受けている。

これはうちの夫がそうなんですけど、幼少時代から稼がざる者食うべからずの英才教育を受け過ぎた場合、収入のない専業主婦に対してモラハラ化するという感じ。

パートナーである妻を貶める事で幼少時代から感じて来た不安を解消しようとしているケース。

他にはこのようなケースも。

  • 母親が完璧過ぎる・母親を客観視できない。

母親が完璧な専業主婦であった、非の打ちどころのない母親であった、母親を客観視できず無条件に素晴らしい人間だと信じて疑わない男性もまた、自覚なしにモラハラを開花させるケースも。

「うちの母親は〇人も子どもを育てながら完璧に家事をこなしていた」

「うちの母親は女手一つできょうだいを何不自由なく育て上げた」

こんな事を口に出す人のモラハラ率はかなり高いです。自分の母親を基準にして妻を評価しがち。

どちらも、形は違いますが親きょうだい・家族に対するコンプレックスに変わりはありませんね。

モラハラの原因が何であれ、パートナーを貶めて良い理由にはならない

モラハラの原因は、もしかしたら満たされない幼少期が原因なのかもしれません。

時々思う事があるんです。

夫が息子と同じぐらいの年齢だったころ、その少年は何を思って感じていたのだろうって。

でも原因が何であれ、パートナーを貶め傷付けて良い理由にはなりません。

それに私は、私自身が幸せになるために生きているしその権利があります。

例え親きょうだい・家族が原因であろうとも、モラハラを「仕方ない」と黙って見過ごすわけにはいきません。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる